アジアの色彩の旅へー 民族雑貨 亜色処 あしょか
タイには数多くの
山岳民族が存在していて、
その中でもひと際
カラフルな刺繍が特徴のリス族☆


リス…は
小動物のリスではなく…

"高貴な人"という意味で
誇り高き民族なのだとか。

中国の雲南省をはじめ
ミャンマーやタイなどに
暮らしている民族です。

そのリス族の手仕事、
"モラ刺繍"は見ているだけで
元気になれそうな色使い♪


どうしてこんな配色ができるのか…
持ち前の明るい性格からできるのか…

代々受け継がれてきたデザインは
まさにリス族の象徴☆


鮮やかな布と布を重ね合わせながら
細かなパターンを
作り出していくモラ刺繍は
他の民族とは
また全然違う雰囲気です♪


森の妖精…ともいわれているそうで
華やかな刺繍をまとったリス族は
緑深い山々に舞い降りた
まさに妖精のような存在なのかも♡

チェンマイで出会った
リス族キッズも
かわいいポシェットがお気に入り♡


ちなみによく見かける
このカラフルなポンポンたちも
リス族の民族飾りのひとつです。


亜色処にも
お財布やポーチなど
ラインナップしていますので
ぜひチェックしてみてくださいね♪





Posted by 民族雑貨 亜色処(あしょか) in , | 2/10/2016

Search

Bookmark Us

Twitter Facebook Google+ Pinterest Tumblr Youtube