アジアの色彩の旅へー 民族雑貨 亜色処 あしょか
今年は今日、7月12日が
タイのカオパンサーの入安居☆

カオパンサーとは
パーリ語(タイ仏教文語)で
雨期(パンサー)、カオ(入り)の意味で
いわゆる梅雨入り。
この入安日から3ヶ月間は雨期とされていて
梅雨明けは出安居といわれるそう。


日本のように気象庁が決めるワケではないのですね。

雨期に入ったこの時期には
草木が繁茂し、昆虫やカエル、ヘビなどの
生物たちが活発に活動をはじめるので、
僧侶たちは外での修行による
無用な殺傷をさけるため
寺内にこもって修行をする…
という習慣があるのだとか。


現在はあまり実践する僧侶は
少なくなっているようですが、
こうした考え方があったということが
タイ人の優しさが垣間みれて
ステキです ♪

最近の日本の梅雨も
東南アジアよろしく、
スコールのような雷雨が
激しく降ることもありますが、
これから本格的な雨期を迎えるタイも、
洪水などの被害にならないよう
お祈りしています☆


Posted by 民族雑貨 亜色処(あしょか) in , | 7/12/2014

Search

Bookmark Us

Twitter Facebook Google+ Pinterest Tumblr Youtube